古典にみる月経の経過

女性の月経について、漢方の古典では次のように考えられています。

月経は成長や生殖を支える腎精(じんせい)というエネルギーが月経に関わる経脈(けいみゃく:腎精や血液の通路)に満ちることで発生します。

腎精は7歳頃から蓄えられ、14歳で月経に関わる経脈に充満し妊娠できる体になります。その腎精は28歳でもっとも強壮な時期を迎え、その後は次第に衰えます。49歳になると月経に関わる経脈が空虚なものとなり月経が停止します。

更年期障害のしくみ

一般的に50歳を中心とした約10年間が女性の更年期とされ、卵巣の機能が衰え、それに伴って閉経を迎えます。この時期は体調をコントロールするホルモンのバランスも大きく変化し、またその影響が自律神経等にも及ぶため、心身に大きな負担となり、色々な症状が現れる恐れがあります。これが更年期障害で,症状の種類や程度,期間は人によって様々です。

代表的な症状

更年期障害でよく見られるのは、冷えのぼせ、発汗、動悸、頭痛、不眠、不安感・・・などです。これらの治療には、ホルモン剤や精神・神経系の薬剤、ビタミン剤などの西洋医学的な薬剤も使用されますが、比較的漢方薬の有効性が発揮されやすい領域でもあります。

更年期障害に頻用される漢方薬

上記の諸症状は、漢方では体を構成する「気・血・水」の過不足や循環不良などによる状態と考え、それぞれの状態にあった方剤を選択します。

  • 杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)、知柏地黄丸(ちばくじおうがん)、六味地黄丸(ろくみじおうがん):不足する腎精を補い、のぼせを和らげ、骨や腰、耳、脳、目、泌尿器系を強くします。
  • 八味地黄丸(はちみじおうがん)、参馬補腎丸(じんばほじんがん):不足する腎精を補い、体を温めて冷えを緩和します。上方と同様に骨や泌尿器系を強くします。
  • 天王補心丹(てんのうほしんたん):気持ちを落ち着かせ、動悸や不眠を改善します。
  • 逍遙散(しょうようさん):精神的な不安感やイライラの強いときに使用。
    のぼせや不眠を伴う場合には,それらを取り除く生薬を加えた加味逍遙散(かみしょうようさん)が有効。
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):血液循環を改善し、冷え・のぼせを緩和。下腹部の腫瘍にも用いられる。血行不良に汎用。
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう):血液循環と便通を改善し、下腹部のはりや痛み、のぼせなどを治療する。
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):血液と水分の停滞を改善し、腹痛を治療する。むくみやめまい、耳鳴りなどにも応用される。
  • 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう):血液の栄養状態を改善し,体を温め,体力をつけるといわれる『当帰』が主成分。