まだ余寒厳しい2~3月ごろ,フキタンポポの黄色い花を見かけることがあります。フクジュソウにも似た雰囲気がありますが、フキタンポポはフクジュソウは勿論,フキでもタンポポでもありません。中国では花蕾を咳止めの生薬として用います。中国での植物名は款冬(かんとう),生薬名は款冬花(かんとうか)です。古来中国では咳の治療に用いる処方に少なからず利用されてきた款冬花ですが,日本での使用はほとんどありません。
漢方日記「フキタンポポ(2015/3/1)」→

昨今、新型コロナウイルスの報道が大変気になります。予防策として手洗いやマスク、そして免疫力を落とさないことが盛んに言われています。早く落ち着いてもらいたいものです。

免疫力を落とさないために最も重要なことは、養生といえると思います。栄養のバランス、十分な休息を取りたいものです。もともと体質が虚弱であったり、持病をお持ちの方には漢方薬の活用も有効です。免疫力を高める漢方薬として、補中益気湯や玉屏風散(衛益顆粒)、黄耆建中湯、十全大補湯などが有名ですが、一人一人体質は異なり、自分の体のアンバランスを是正するものが必要です。服用を検討される方は専門家にご相談下さい。

温活と漢方薬

カゼ・インフルエンザの予防対策

牡蛎(かき)と漢方

屏風(びょうぶ)で風邪・花粉症予防

冷えや痛みに有効な生薬「附子」