ワレモコウ(バラ科)は日当たりのよい山野に自生する多年草です。8~10月に枝先に暗赤紫色の地味は花をつけます。地下茎は地楡(ちゆ)という生薬になり、止血作用を有します。地楡を含む処方には槐角丸(かいかくがん)などがあります。

新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ

コウホネとシモツケコウホネ

夏の病『霍乱(かくらん)』

夏カゼ・夏バテの漢方薬

暑邪・湿邪対策の漢方薬