3月~4月、レンギョウは明るい黄色い花を咲かせます。放射状に花弁が広がる様から、西洋ではゴールデンベルと呼ばれるそうです。背丈が低く、庭木として何本も並べて植栽されているのをよく見かけます。葉が出る前に花を多数密につけるので、満開の時期には見事な生け垣になっていることもあります。レンギョウの仲間としては中国原産のレンギョウやシナレンギョウ、朝鮮半島原産のチョウセンレンギョウなどが有名です。

レンギョウとシナレンギョウの果実を乾燥させたものは漢方で重要な生薬となります。生薬名は連翹(れんぎょう)です。消炎・解毒の作用があるとされています。…詳しくは「春を告げる花 レンギョウ」にて

桜の効用~桜皮について

春の養生

耳をサポートする漢方

屏風(びょうぶ)で風邪・花粉症予防

花粉症の漢方薬

二日間の花粉症体験

新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ